GraphPad Prism7の新機能

GraphPad Prism7から追加された新機能の紹介です。



ヒートマップ
 
グループプロットデータをグラフ化する新しい方法です。入力されたデータの値により色分けして表示されます。  
 
3-way ANOVA(三元配置分散分析)
 
旧バージョンでは1-way ANOVA、2-way ANOVAの利用が可能でしたが、Prism7からはこれらに加え、3-way ANOVAも利用可能になりました。  

 
多重比較でのFDRアプローチ
 
前バージョンまでは多重t検定分析の一部として提供されていた機能が、3つの分析で利用可能になりました。  

 
より正確な(非対称、尤度)信頼区間
 
旧バージョンの非線形回帰による信頼区間は最適合値まわりでの対称形でしたが、Prism7では、非対称・尤度でのより正確な信頼区間の算出ができるようになりました。  
 
サブカラムラベル
 
Prism7ではサブカラムタイトルの自由入力が可能になりました。データセット全体に共通のタイトルを適用することも、個別に各データセットのサブカラムにラベルをつけることも可能です。  
 
シート名、並びにテーブルの選択されたセルのカラーコード
 
前バージョンでもシート名のハイライトは可能でしたが、使用できる色が単色でした。Prism7では9色から選択できるようになっています。  

 
半透明色、重なりが表示可能
 
色の選択時に半透明表示を指定することができるようになりました。これによりグラフの重なり表示も可能になります。  

 
X値として日付(あるいは経過時間)の入力
 
Prism7では、数値やhh:mm:ss形式での時間の経過や日付の入力ができるようになっています。  




>> GraphPad Prismのページに戻る <<



グループアイコンの詳細説明 クローズボタン
グループアイコンA 購入グループA 右矢印 ソフトウェア(メディア付き)、書籍、学術ジャーナル
グループアイコンB 購入グループB 右矢印 EndNote ダウンロード版
グループアイコンC 購入グループC 右矢印 NVivo ダウンロード版
グループアイコンD 購入グループD 右矢印 その他ソフトウェア、学術系商品など
グループアイコンE 購入グループE 右矢印 ハードウェア
グループアイコンF 購入グループF 右矢印 その他商品