SPSS 保守契約と更新について


SPSS保守契約者様向けサービスを活用しましょう。

保守付きのSPSSであれば、使い方に困った時などに安心です。
せっかく購入したSPSSを眠らせないよう、保守サービスをご活用ください。

保守契約対象:

SPSSのインストール方法・操作方法のサポート

保守契約対象外: ご利用者様のデータを想定した質疑応答 (※)
他社様で購入されたSPSS製品に関する操作方法のサポート等


※ご利用者様の統計データや業務に基づいたご質問やリクエスト等、操作方法以上のサポートは、有償のアドバイザリーサービス(別途見積)をご利用ください。


保守契約者様向けサービス お問い合わせ先

お問い合わせ内容に下記(1)〜(5)の内容を添えて、お問い合わせフォーム(件名:SPSSのインストール方法・操作方法に関するお問合せ)よりご連絡ください。

お問い合わせ時必要事項

(1)ご所属
(2)お名前
(3)ご利用商品とバージョン
(4)ご利用OS
(5)対象商品の認証コード

お問い合わせ受領後、ユサコのSPSS販売パートナー・株式会社AITより、順次回答させていただきます。
(受付の翌営業日から4営業日以内に回答をいたします。)

受付・対応時間

平日9:00〜17:30

※弊社の保守契約者様以外の方からのお問い合わせはお受けいたしかねます。


保守契約と保守費用

保守契約付きライセンスには、本体に1年目の保守費用が含まれています。
2年目以降の保守更新には、契約の更新と保守費用が必要です。2年目以降の保守契約は任意です。


保守契約の有効期限

ライセンス発行時にお届けしている納品メール(証書及び認証コードのお知らせ)に有効期限が記載されています。
お手元に届きましたら必ずご確認ください。
また、ライセンスは月単位で管理されています。
例えば、ご購入が7月1日ならば翌年の6月末、7月2日から31日の間ならば翌年の7月の末日が有効期限です。


更新手続き

保守契約の期限が近づきましたら、弊社またはライセンス発行元より更新の案内を送付いたします。
内容をご確認の上、更新をご希望の場合は手続き申込み期限内にお申込みください。


保守契約期限満了後は?

保守契約が終了しても、SPSSのソフトウェアは引き続きご利用いただけますが、保守サービスはご利用いただけなくなります。







IBM、IBMロゴ、ibm.com、およびCognos、SPSSは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。

グループアイコンの詳細説明 クローズボタン
グループアイコンA 購入グループA 右矢印 ソフトウェア(メディア付き)、書籍、学術ジャーナル
グループアイコンB 購入グループB 右矢印 EndNote ダウンロード版
グループアイコンC 購入グループC 右矢印 NVivo ダウンロード版
グループアイコンD 購入グループD 右矢印 その他ソフトウェア、学術系商品など
グループアイコンE 購入グループE 右矢印 ハードウェア
グループアイコンF 購入グループF 右矢印 その他商品