Text Mining Studio セミナー情報

Text Mining Studioの開発元・株式会社NTTデータ数理システムでは、ご導入前からご利用中の方まで、各ステップに応じたセミナーを多数開催しています。
その中でもおすすめのセミナーを、ユサコオンラインショップでもご案内いたします。


論文分析セミナー

開催概要
日時 2018年10月2日(火) 13:30 〜 16:30 (開場 13:00) 【満席】
対象となる方 ・Text Mining Studioご導入前、初心者の方
・工学研究(製造)、社会研究などのご研究目的でテキストマイニングをご検討中の方
※企業(特に製造メーカー様)の方の参加も歓迎いたします。
セミナー内容 Text Mining Studio(TMS)を用いて、論文(英語、日本語)データの分析を演習を交えてでおこないます。
会場 株式会社 NTTデータ数理システム セミナールーム
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館 4F

会場アクセス: http://www.msi.co.jp/msi/location.html
  JR総武線 「信濃町駅」 徒歩1分
  都営大江戸線 「国立競技場駅」A1番出口 徒歩8分
  東京メトロ丸の内線 「四谷三丁目駅」1番出口 徒歩8分
  新宿駅西口-品川車庫(品97) 「信濃町駅前(慶應病院前)」 下車 すぐ
参加費 無料
主催 株式会社NTTデータ数理システム

タイムスケジュール
13:00 開場
13:30 〜 14:00 (30分)  会社紹介 + 特許分析 + 論文分析事例紹介
14:00 〜 15:00 論文データ分析(日本語)
  自動運転、電気自動車に関する論文(日本語)のデータを分析します。

15:00 〜 16:00 論文データ分析(英語)
  自動運転、電気自動車に関する論文(英語)のデータを分析します。

16:00〜16:10 Text Mining Studio、 Deep Learning アドオン「Deep Learner」を利用した論文分析事例のご紹介
  論文データ分析(英語)

16:10〜16:30 「EndNote」のご紹介(ユサコ株式会社)
  1.EndNote の基本的な機能 概要説明:EndNote 以下3つの機能
    - Word 上に参考文献リストを自動作成する
    - 手持ちの PDF から EndNote に文献情報を取り込む
    - PubMed から EndNote に文献情報を取り込む
  2.EndNote の情報を CSV に出力する方法
    - 必要な項目(フィールド)だけをCSVに出力することができる
       EndNote は、特許・論文・書籍などの情報を1つのデータベースで管理でき、
       CSV に 出力することができるため、
       様々な情報ソースを分析したい場合の橋渡し役としてご利用いただけます。
       その後の、TMS の取り込み方法についてもご紹介いたします。
  3.EndNote と Text Mining Studio のお申込み方法

  16:30〜 個別相談会(一組様あたり15分程度、要事前予約)

※満席の場合には受付終了とさせていただきます。
※複数名で受講される場合にも、お手数ですが1名ごとにお申込みください。
※同ご所属先からご参加の方につきましては、1グループ様当たり演習用PCを1台、
  ご用意させていただきます。 (資料とお席はご参加人数様分ご用意いたします。)
※セミナー開催地域周辺において、震度5弱以上の地震が発生、または気象警報(大雨、洪水、
  暴風など)が発令された場合は、セミナーの開催を中止することがございます。
お申込み
下記のセミナーお申込みフォームよりお申込みください。
*2018年10月2日(火)開催のセミナーは満席につき受付を終了いたしました。
(参加をご希望の方は、株式会社NTTデータ数理システムへお電話にてご相談ください。)

【セミナーお申込みフォーム】
https://area34.smp.ne.jp/area/card/12417/FcQJFF/M?S=pfqdk0sht0mjrjp
(※本セミナーの主催・NTTデータ数理システム社のサイトへ移動します。)
グループアイコンの詳細説明 クローズボタン
グループアイコンA 購入グループA 右矢印 ソフトウェア(メディア付き)、書籍、学術ジャーナル
グループアイコンB 購入グループB 右矢印 EndNote ダウンロード版
グループアイコンC 購入グループC 右矢印 NVivo ダウンロード版
グループアイコンD 購入グループD 右矢印 その他ソフトウェア、学術系商品など
グループアイコンE 購入グループE 右矢印 ハードウェア
グループアイコンF 購入グループF 右矢印 その他商品