NVIvo 12 機能比較表

NVivo 12 3つのエディション

 

NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac

基本機能を備えたベーシック版です。質的研究、混合研究法を強力に支援する、データ管理、分析機能が使えます。

Proの機能にソーシャルネットワーク解析機能、テーマやコンセプト、感情を特定する自動コーディング機能を備えた完全版です。

ソーシャルネットワーク解析やインタビューの分析を行う方に最適です。

NVivo 12 for Macは質的研究、混合研究法をおこなうMacユーザー用に最適化されたQDAソフトです。選りすぐられたベーシック機能を搭載しています。Mac用に最適化しているため、Proと比べると若干のファイル形式の制限や機能の制限があります。



※NVivo 12 for Macのインターフェースは英語のみです。

 

 

NVivo 12の各エディションごとの機能比較表

ご覧になりたい項目をクリックして開いてください。
PDF版機能比較表はこちらから

ライセンス
NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac
NVivoのライセンス:
個人利用に限り、2端末までインストール可能


※for Mac も使用可能。(利用はWin/Mac合計で 2端末まで)


全機能を使用可能。
※for Mac も使用可能。(利用はWin/Mac合計で 2端末まで)


※for Macのみ利用可能

データソース開く
NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac
テキストドキュメント:
TXT、RTF、DOC、DOCX、PDF形式のテキストドキュメントのインポートに対応。編集可能なテキストをサポート。
画像:
BMP、GIF、JPG、TIF、PNG形式の画像(写真やスキャンデータなど)のインポートに対応。画像ログ機能でメモやコメントをすることが可能。
音声&動画:
MP3、WMA、WAV、M4A、MPG、MPE、WMV、AVI、MOV、QT、MP4、3GP、MTS、M2TS形式の音声や動画のインポートに対応。音声波形を見ながら動画に合わせてのトランスクリプト作成・編集作業が可能。
MP3、WAV、M4A、MP4、AVI、MOV形式に対応。音声波形を見ながら動画に合わせてのトランスクリプト作成・編集作業が可能。
データセット:
TXT、XLS、XLSX、CSV形式のスプレッドシートやアンケートのインポートに対応。フォームかテーブル形式で表示可能。
XLS、XLSX形式に対応。テーブル形式表示に対応。
ウェブページ:
NCaptureアドインを使用してウェブページを PDF としてインポート可能。
ソーシャルメディア:
Facebook、Twitter、YouTubeからコメントのインポートに対応。YouTubeからビデオを取り込み、視聴・研究が可能。 ※YouTubeビデオの表示にはインターネット接続が必要です。
Facebook、Twitterに対応。
Eメール:
Microsoft OutlookからEメールをインポートし、送受信者間のケースと関係を自動作成可能。
-
データの互換性開く
NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac
質的データ解析ソフト:
QSR製ソフトウェア、Atlas.ti、Framework、MaxQDAで作成されたプロジェクトの変換に対応。
NVivo 12 for Windows を使用してデータを変換する必要あり。変換後はNVivo for Mac で使用可能。
文献管理ソフト:
EndNote、Mendeley、RefWorks、Zoteroからの文献情報、メモ、添付ファイルのインポートに対応。
統計解析ソフト:
Microsoft Excel、Microsoft Access、IBM SPSS Statsなどの アプリケーションとタブ区切り形式のテキストファイルやスプレッドシートのインポート・エクスポートに対応。
ノートソフト:
Evernote、OneNoteからノートをNVivoに直接エクスポートし、元ソフトウェアと同じ構造に構築可能。タブレットや携帯電話などでノートを作成し、API経由でNVivoにインポート可能。
OneNote Online に対応。
オンラインアンケートソフト:
SurveyMonkeyとQualtricsから調査レポートと人口統計データのインポートに対応。SurveyMonkey と Qualtrics の API および汎用的調査フォーマットをサポート。
汎用的調査フォーマットに対応。
汎用フォーマット:
HTML、XML、XLS、XLSX、TXT形式のテキストファイルとウェブブラウザ、Microsoft Office、Microsoft Excel のインポート・エクスポートに対応。
TXT、CSV に対応。
トランスクリプト:
TranscribeMeに発注することで、NVivo に取り込んだメディアファイルの発言内容に沿ったトランスクリプトを取得可能。
-
ソーシャルメディア・SNS:
Twitter、Facebook、YouTubeで公開された人・組織・グループのデータを収集。
Facebook、Twitterに対応。
ソーシャルネットワーク解析:
個人や組織間のリンクを構築・解析。コネクションを可視化し、ネットワークメトリクスを通して深い考察を引き出す。PAJEKに対応。
- -
データ管理開く
NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac
整理:
フォルダ・検索フォルダ・セット機能を利用し、プロジェクト内の要素に簡単に検索・ソート・アクセスできるペーパーレスのファイリングシステムを構築。
フォルダ、セットに対応。
トランスクリプト:
既存のトランスクリプトのインポート、あるいはNVivo内での新規作成に対応。対応する音声または動画ファイルにリンク可能。
信頼性:
プロジェクトデータや素材を単一のファイルに保存。プロジェクトデータを容易に持ち運び可能。
セキュリティ:
ユーザープロファイル、ユーザーパスワード、ユーザー権限、および暗号化されたストレージでプロジェクトへのアクセスを保護し、セキュリティを強められる。
ユーザープロファイル、パスワード、暗号化されたストレージに対応。
プロジェクトのサイズ:
1つのプロジェクトは最大10GBのデータを使って作業可能。NVivo for Teamsでは無制限。
最大512GBのプロジェクトファイル。
トレーサビリティシステム :
チームメンバーが行った変更をログとして記録・確認可能
-
復元機能:
複数回の「元に戻す」機能、プロジェクトの修復および復元、自動バックアップ機能により安心してデータを分析可能。
※自動バックアップはNVivo for Teamsのみ対応。
一部機能に対する複数回の「元に戻す」に対応。
データ解析開く
NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac
コーディング:
テーマまたはトピック別にデータを分類し、In-Vivoコーディング、テーマ別階層コーディング、関係コーディングを使用してデータがどのように関係しているか分析。
In-Vivoコーディング、テーマ別階層コーディング、領域コーディングに対応。
ケースコーディング:
データを人物、場所、機関やその他の要素にカテゴリ分類して分析。
構造による自動コーディング:
データセットまたはインタビューのように段落が構造化された文書データを自動的にコーディング。
データセットの自動コーディングに対応。
発言者による自動コーディング:
文書ファイルに含まれるインタビューとフォーカスグループの回答を自動的に分類。
パターンベース自動コーディング:
既存のコーディングパターンに基づいてデータを自動的に分類。
- -
分類:
ケースに統計のような属性を、ソースに文献情報を付与。プロジェクトアイテムに色を割り当て、チャートやモデルなどの可視化ツールに対応。
アノテーション :
指定したコンテンツに対する編集可能な注釈機能に対応。
ドキュメントとPDFの注釈機能に対応。
メモ:
プロジェクト、ソース、ノードに対するメモ機能に対応、考察や見解、解釈を記録し、分析対象にリンク可能。
リンク:
「参照」リンクを使用し、比較対象のメモやエビデンスの追跡が可能。ハイパーリンクを使用し、ウェブページやプロジェクト外のファイルにリンク可能。
ハイパーリンクに対応。
フレームワーク行列:
フレームワーク分析を使用し、大量のデータをトピック要約したテーブルに集約。
-
ソーシャルネットワーク解析:
ケース関係やソーシャルメディアでの交流を閲覧してソーシャルネットワークを調査し、ネットワーク上での役割またはネットワーク全体を参照可能。
- -
自動化インサイト:
テーマや感情の自動解析により、データ内に現れたテーマや感情を浮き彫りにする。
- -
データの検索開く
NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac
テキスト検索クエリ:
AND、OR、NEARの条件による単語(および活用形)、フレーズ、概念のクエリに対応。類義語にも対応。
AND、OR、NEARの条件による単語、フレーズのクエリに対応。
コーディングクエリ:
コーディングの重なりや交差を発見するため、AND、OR、NEARの条件によるコーディングのクエリに対応。
AND、ORによるコーディングクエリに対応。
頻出語クエリ:
単語や概念の出現頻度をクエリにかけ、素材の中に最もよく出現する単語のクエリに対応。
単語の出現頻度クエリに対応。
行列コーディングクエリ:
コーディングや属性をクロス集計し、コーディングされた素材をノードやセット、属性値によって比較。
クロス集計 クエリ:
コードと属性値、またはコードとケースを比較。
検索:
検索条件、名前検索、内容検索によりプロジェクト内の要素を見つけ、検索結果のグループ分けに対応。
内容検索に対応。
レポート:
予め定義されたレポートや、ウィザードを使用した独自のレポートの作成に対応。レポートの保存、共有にも対応。
-
データの可視化開く
NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac
コーディングストライプ:
色付きのストライプによりコーディングやデモグラフィック情報を視覚・比較可能。ノード、属性、ユーザーに対する色付きコーディングストライプの閲覧と印刷に対応。
ノードのコーディングストライプの表示、コーディングストライプを含むノードおよびドキュメントの印刷に対応。
チャート:
棒・円グラフを含むチャートを作成し調査。プロジェクトの要素とその関連事項に対するカスタマイズ可能なチャートに対応。
ワードクラウド:
選択された素材やノードに最も多く登場する単語を表示できる、頻出語クエリのカスタマイズ可能な視覚表現に対応。
クラスター分析:
ソースやノードの類似性や相違性を可視化する、樹形図、円グラフ、クラスタマップのようなさまざまなクラスター分析グラフに対応。
-
ワードツリー:
選択された素材やノードに最も多く登場する単語を表示、その前後関係を調査。
階層型チャート:
ツリーマップやサンバーストチャートによるデータ内のパターンと主要テーマの可視化。
ジオビジュアライゼーション:
ソーシャルメディアの投稿者の所在地を、プロフィール情報を用いてマップ化。
-
ダイアグラム調査:
プロジェクト内の要素と、それに関係があるコンテンツとの関係をダイナミックダイアグラムで視覚的に調査。プロジェクト内のアイテムから更なる関係を明らかにする。
ダイアグラム比較:
2つのソース、ノード、またはケースの共通点や相違点を視覚的に比較。
プロジェクトマップ:
プロジェクトアイテム間の関係を調査し、視覚的に解析。
-
コンセントマップ:
研究プロジェクトに関連するコンセプトやアイデアなどを表現するフリーフォームダイアグラム作成ツール。アイデアや発見、理論を表現し、他者と共有。
マインドマップ:
アイデアをブレインストーミングし、思考を可視化。プロジェクト開始時に素早く骨組みを構築。
エゴセントリックソシオグラム:
ある特定の中心的ケースが他のケースとどのように繋がっているか、またその「他のケース」同士はどのように繋がっているかを可視化。
- -
ネットワークソシオグラム:
ケースのグループ間のコネクション、あるいはコネクション不足を可視化。
- -
ソーシャルメディアソシオグラム:
Twitterのデータセットを可視化し、Twitterユーザーのネットワークや、リツイートやメンションによりどのように繋がっているかを確認。
- -
言語サポート開く
NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac
スペリング辞書:
NVivo内で新規あるいは既存のソースを編集したとき、日本語、英語(米/英)、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語(ブラジル)、簡体中国語、スペイン語(メキシコ)でのスペルチェックに対応。
-
データの言語:
日本語や標準中国語などの表語文字を含む、実質的にあらゆる言語での作業に対応。
クエリ辞書の言語:
テキスト検索・頻出語クエリは日本語、英語(米/英)、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、中国語、スペイン語に対応。
ユーザーインターフェース言語:
日本語、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語(ブラジル)、簡体中国語、スペイン語(メキシコ)に対応。
英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語のみに対応
チームワークサポート開く
NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac
プロジェクトのマージ:
個別のプロジェクトをマージし、1つにする機能。
マルチユーザープロジェクト:
NVivo for Teams では、チームメンバーが同じプロジェクトを同時に開くことができ、それぞれが加えた変更を即座に確認できる。
-
コーディング比較:
ユーザー間のコーディング比較に対応。
コードブック:
共同研究者にコーディングの構造や説明をレポート可能。WordかExcel形式での出力に対応。
ユーザー補助開く
NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac
入門ガイド:
基本操作が記載された入門ガイドを提供。
オンラインヘルプ:
全ての機能をステップ・バイ・ステップで解説するオンラインヘルプを提供。
オンラインチュートリアル:
NVivo の使い方を動画で解説するオンラインビデオを提供。
サンプルプロジェクト:
データの管理方法、クエリの実行、可視化や他の分析ツールを試用できる‘real-life’ サンプルプロジェクトを提供。
システム管理者用ヘルプ:
システム管理者向けの技術リソースを提供。
コミュニティリソース:
ユーザー間や開発元のカスタマーサポートチームと連絡して学ぶ。ユーザーフォーラム、Facebook、LinkedIn User Group、 Twitter、Youtube、Blogで実施。
アップデート通知:
アップデート配信について自動的に通知を受け、適用可能。

 

 

 

 

グループアイコンの詳細説明 クローズボタン
グループアイコンA 購入グループA 右矢印 ソフトウェア(メディア付き)、書籍、学術ジャーナル
グループアイコンB 購入グループB 右矢印 EndNote ダウンロード版
グループアイコンC 購入グループC 右矢印 NVivo ダウンロード版
グループアイコンD 購入グループD 右矢印 その他ソフトウェア、学術系商品など
グループアイコンE 購入グループE 右矢印 ハードウェア
グループアイコンF 購入グループF 右矢印 その他商品