NVivo SNS分析支援機能


ウェブブラウザ拡張機能のNCaptureをインストールすることで、ウェブページ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のソーシャルメディアデータ、YouTubeビデオなどを収集し、そのコンテンツを NVivoにインポートすることができます。インポートしたデータはコーディングや可視化機能を使って分析することが可能です。

※NCaptureのデータ取得はデータ取得先のAPIなどに依存するため、データの取得、取得内容については確約しておりません

NCapture

NCaptureはウェブブラウザ「Google Chrome」「Internet Explorer」に対応したウェブ拡張機能です。ウェブブラウザに追加することで、SNSのデータの収集を可能にします。

Facebook, TwitterなどのSNSからNCaptureで情報を取得

NCaptureが可能にすること

ウェブページのインポート

Webページを画像などを含めた形、またはテキストのみをPDFとして保存・インポートが可能です。オンラインのニュース記事など、様々なWebページのインポートが可能です。 NCaptureを使用してインポートすることで、ページタイトル、URLやアクセス日などの情報を属性として付与した形でインポートが可能です。

Webページを画像などを含めた形、またはテキストのみをPDFとして保存可能 WebページをテキストのみのPDFとして保存可能 ページタイトル、URLやアクセス日などの情報を属性として付与した形でインポートが可能

オンライン PDF のインポート

Webブラウザ上に表示されたPDFをインポートすることが可能です。NCaptureを使用してインポートすることで、URLやダウンロード日などの情報を属性として付与した形でインポートが可能です。

Webブラウザ上に表示されたPDFをインポートすることが可能。NCaptureを使用してインポートすることで、URLやダウンロード日などの情報を属性として付与した形でインポートが可能。

Facebookのウォールへのポストやコメントのインポート

ニュースフィードやユーザーウォールはPDFとして、タイムラインやグループはデータセット、PDFとして保存・インポートが可能です。

FacebookからニュースフィードやユーザーウォールはPDFとして、タイムラインやグループはデータセット、PDFとして保存・インポートが可能

Twitter ツイートのインポート

ツイートの検索結果をデータセット、PDFとしてインポートが可能です。データセットとして保存した場合、下記の多様なデータを含んだデータとして保存可能です。

Twitterデータセットでインポート可能なデータ

ユーザー名 名前 時間 ツイートのタイプ リツイート者
リツイート数 ハッシュタグ 場所 自己紹介 ツイート数
フォロワー数 フォロー数 位置座標

ジオビジュアライゼーションでソーシャルメディアの投稿者の所在地を、プロフィール情報を用いてマップ化します。特定の話題の地域性などを可視化することが可能です。

ジオビジュアライゼーションでソーシャルメディアの投稿者の所在地を、プロフィール情報を用いてマップ化

ネットワークソシオグラムではユーザー間の繋がりを視覚化します。Twitterのデータセットを可視化し、Twitterユーザーのネットワークや、リツイートやメンションによりどのように繋がっているかを確認できます。

例えばTwitterでの特定の話題において主要なユーザーを一目で見つけたり、ユーザー間でハブ機能を果たしているユーザーを見つけたりすることで、話題の深堀りが可能になります。

ソーシャルメディアソシオグラム

YouTubeコンテンツのインポート

YouTubeの動画とコメントをNVivoにインポート可能です。
※動画はYouTubeから削除されると参照できなくなります

コメントではユーザー名、コメント、返信内容、コメント日時などを取得することが可能です。

YouTubeの動画とコメントをNVivoにインポート可能

ソーシャルメディアデータの自動コーディング(NVivo Plusのみ)

ソーシャルメディアからインポートしたデータも通常のデータと同様にコーディング、自動コーディングが可能です。テーマによる自動コーディングを使用することで、インポートしたデータで多く語られているテーマを確認することができます。

ソーシャルメディアからインポートしたデータも通常のデータと同様にコーディング、自動コーディングが可能

ソーシャルメディアデータの視覚化(一部NVivo Plusのみ)

NVivoはソーシャルメディアデータの視覚化が可能です。

頻出語を視覚化するワードクラウド、ユーザー間の繋がりを視覚化するネットワークソシオグラムなどでデータを視覚化することで個々のデータを読み込むだけでは発見できなかったキーワードなどを発見することが可能です。

頻出語を視覚化するワードクラウドの結果
ネットワークソシオグラム


グループアイコンの詳細説明 クローズボタン
グループアイコンA 購入グループA 右矢印 ソフトウェア(メディア付き)、書籍、学術ジャーナル
グループアイコンB 購入グループB 右矢印 EndNote ダウンロード版
グループアイコンC 購入グループC 右矢印 NVivo ダウンロード版
グループアイコンD 購入グループD 右矢印 その他ソフトウェア、学術系商品など
グループアイコンE 購入グループE 右矢印 ハードウェア
グループアイコンF 購入グループF 右矢印 その他商品