文献管理ソフトとは?
〜従来の文献管理方法との比較と、文献管理ソフトを使用するメリット〜


文献管理ソフトとは、収集した文献の管理・引用に役立つ、文献情報の一元管理が可能なソフトウェアです。

文献管理ソフトは、文献・文献情報の収集、論文作成の手間を減らすだけではなく、学会での発表や、授業やゼミでのレポート・中間発表など、様々な用途で役に立ちます。

本コラムでは、従来の文献管理方法と、文献管理ソフトウェアを活用した方法を比較し、どのような違いがあるかを示していきます。

文献管理ソフトとは?

文献管理ソフトは、収集した文献の管理・引用に役立つ、文献情報の一元管理が可能なソフトウェアです。引用管理ソフトウェアとも呼ばれています。英語ではReference Management Softwareと呼ばれています。

文献管理ソフトが登場した初期は、日本語入力に対応しておらず英語のみに対応していたためか、文献管理ソフトは理系のソフトというイメージを持っている方も少なくありませんでした。しかし、現在では日本語入力・文献に対応しており、理系・文系といった垣根はなく、文献に関わる全ての方に役立ちます。

文献管理ソフトは、文献・文献情報の収集、論文作成の手間を減らすだけではなく、学会での発表や、授業やゼミでのレポート・中間発表など、様々な用途で役に立ちます。

文献管理ソフトの概念図

文献管理ソフトは文献情報の収集の段階から論文執筆の引用までカバー。
日本語対応もしており、理系/文系問わず文献に関わる煩雑な作業を効率化します。

文献管理ソフトは引用管理ソフトウェアとも呼ばれているように、参考文献リストを作成するソフト、論文執筆に使うソフトというイメージが強いですが、それはソフトウェアの機能の一部でしかありません。

文献の収集、閲覧、保存・管理に便利な機能を持っており、論文を執筆しない方、普段は論文を読むだけという方にも非常に有用です。文献に関わる煩雑な作業を効率化するので、文献を読むとき、執筆するときの作業・ストレスを軽減します。

従来の管理方法の問題点

文献管理ソフトを利用せずに自分で文献を管理する場合、以下の点が悩みとして考えられます。

  • ・ローカルフォルダで保管

    PDFをパソコンのローカルフォルダに保存すると、文献情報が散在し、都度探しにいく必要があります。加えて、ファイルを開くまで内容は確認できないので、ローカルフォルダとPDFリーダーを何回も往復する必要があります。また、個々の文献を識別するために、PDFファイルのタイトルを自身の分類に従って保存の都度編集することもあるでしょう。

  • ・文献情報による分類

    発行年別、著者別分類、アルファベット順、読み仮名、研究分野別など、使用者の使い方にもよりますが、保存した文献をテーマに沿って分類していく作業が発生した際、時間を要します。フォルダで管理する場合は分類用のフォルダ数も増え、階層も深くなりがちです。

    また、研究や課題を進めるには、原著文献だけでなく様々なタイプの文献や情報を必要としますが、これらをまとめてExcelで管理するのもやはり困難です。

    例えば、書籍、会議録、特許、新聞記事、政府報告書・統計のような資料が挙げられますが、Excelで管理しようとすると、手打ちで細かな情報を漏れなく記載する必要があり、文献数が膨大になるほど作業が煩雑になることは想像にたやすいでしょう。

    エクセルファイルでの文献管理の例

    excelでの文献管理の例。手入力やコピペする必要があり非常に煩雑。また、フルテキストPDFは別管理になる。

     

  • ・未読・既読の判別

    保存した文献の中でも、「文献のフルテキスト閲覧済み」「アブストラクトのみ確認」「全く未読」などと、読み込み具合に差異が生じることがあります。既読・未読のフォルダを作成し文献を振り分けすることはできますが、その都度作業が発生するため、二度手間となります。

 

冨澤康子氏は、文献が散在するデメリットについて、下記のように述べています。

論文を書くときに集める文献の数は少なくない。英語で原著を書くとき,引用する文献が30件とすると,その3倍の論文を詳細に読み,その3倍をOnline Journalからダウンロードし,また雑誌から複写し,さらに文献相互貸借で他施設から取り寄せることになる。

プロジェクトがいくつも同時進行していて,机に参考文献を積み重ねると,持っているはずの論文を探せなくなり,同じ文献を何回も複写することが起こる。そこで文献をフォルダにいれるが,「検索機能」がなければ,見つけるのに時間がかかる。(富澤,2008)

 

検索機能のある文献管理の手段として、「Evernote」が挙げられます。EvernoteではPDFを取り込み・管理が可能であり、PDFやその他文書の文字検索も行えるため、文献を読むのに適しています。

一方、文献執筆、レポート提出など研究成果の発表・報告を含むと、細かな文献情報を収容しづらく、また引用も投稿規定や引用ルールに準じて手打ちで入力していくため、不向きといえます。

文献管理ソフトを使用することで、上記のような問題点を解消することができます。

文献管理ソフトのメリット

EndNoteに代表されるように、数多くの文献管理ソフトが存在します。

文献管理ソフトの主な使用用途は、参考文献・文献情報を管理することです。様々な情報を収集していくうちに参考文献が増えていきますが、それをソフト上で一括管理することで探しにいく手間を省き、管理の手間を軽減します。未読・既読の把握、重要度による仕分けなども容易です。

タグ付けのように文献に対してメモなどを追加していくことで検索容易性を高めることができ、フォルダ管理などと比較して、目的の文献を探す手間が省けます。文献管理ソフトはデータを蓄積していくことで自分専用の参考文献・文献情報のデータベースとしても機能します。

EndNoteの検索画面

 

また、保存した文献はいつでもどこでも閲覧できるのが理想ですが、ローカルPCでは難しい場合もあります。しかし、文献管理ソフトはこれを実現します。現在の文献管理ソフトは、パソコン上はもちろん、ウェブブラウザ上、タブレット・スマートフォンのアプリ上で文献を閲覧できるものがほとんどです。

時間や場所を選ばずに必要な文献にサッとアクセスできるので、通勤・通学などスキマ時間にも文献をナナメ読みするなど時間を有効活用することが可能になります。

EndNote for iOSのイメージ画像

タブレットやスマートフォンであれば拡大・縮小も容易なので、紙やPCのディスプレイよりも読みやすいこともあります。また、文献管理ソフトによっては文献にペンや指での書き込みも可能です。文献管理ソフトを導入することでPDF読み書き用のアプリを導入する必要もなくなり、一つのアプリ内で一元管理が可能になることで手間が省けます。

須賀万智氏は、文献管理ソフトウェアは、機能として通常以下の項目を備えていると定義しています。

  1. 文献データベースから検索した結果を文献リストとして保存する
  2. 文献リストを編集・検索する
  3. 論文の執筆の過程で文献リストから参考文献リストを作成する(須加, 2007)

 

以下はEndNoteを使った場合の使用例です。

・文献データベースから検索した結果を文献リストとして保存する

PubMed、Google Scholar、医中誌Web、CiNii、Web of Science等多数のデータベースで検索した文献情報を取り込めます。取り込んだ文献情報から利用可能なPDFを自動取得することも可能です。

PubMedから文献情報をEndNoteに取り込むデモ動画

文献を選択するだけで、PubMedなどの文献データベースから文献情報をカンタン取り込み

・文献リストを編集・検索する

ソフト内に取り込んだ文献情報やPDF本文を横断検索することが可能なので、カンタンに目的の文献にアクセスできます。文献情報だけでなく、「添付したPDF内の文章」、「PDF内に追加したメモ」なども検索対象です。例えば、疾患名や治療名などのメモを付けて保存しておけば必要なときにすぐに参照することができます。また、文献管理機能として、取り込んだ文献情報のアップデートや、重複文献の削除などが簡単に行えます。

EndNoteのPDFビューア機能でメモ、ハイライト、下線を引いたデモ画像
・論文執筆の過程で文献リストから参考文献リストを作成する

取り込んだ文献情報をWordへ出力するだけで簡単に参考文献リストが作成できます。本文中の引用表記を削除したり、順番を入れ替えたりしても、自動的に引用番号を振りなおします。リジェクトなどで投稿先を変更する場合も、次の投稿先の雑誌名を選択するだけで参考文献リストの体裁の変更が可能です。

ドラッグアンドドロップして参考文献リストを作成するデモ

EndNoteについて

EndNoteは30年以上の実績を持つ、世界中で愛用されている代表的な文献管理ソフトです。EndNoteは文献管理に便利な多くの機能を有しており、上記3点に加えて以下のような機能も備えています。

  • ・強力な検索機能

    文献情報だけでなく、添付したPDF内の文章、PDF内に追加したメモなども検索対象なので、カンタンに目的の文献にアクセスできます。

  • ・文献情報の共有

    最大100名までライブラリ共有可能です。フルテキストPDFなどの添付ファイルを含めたすべての情報が共有されるため、共同研究や所属・立場が異なる方との文献共有に便利です。同じ文献、注釈やメモを見ながら共同研究を効率的にすすめられます。

  • ・文献のグループ分け

    取り込んだ文献を分野やプロジェクトごとにグループ管理できます。

    例えば、執筆論文に利用した文献のグループ、授業で利用する際の文献グループ、など、好きなように情報を整理できます。ひとつのレコードを複製する必要はありません。条件を指定しておけば、文献情報の取り込み時に自動で分類することも可能です。

  • ・関連情報まで一元管理

    文献に関連ファイルを添付し、管理することが可能です。単に文献情報を保存するだけではなく、その時に思いついたアイディアや、関連ファイルなども紐づけて管理することができます。関する情報を一元管理するデータベースとして使えます。


参考文献

須賀 万智. 2007. '科学論文作成における文献管理ソフト EndNote®の活用', 医学図書館, 54: 229-31.
冨澤 康子. 2009. '効率の良い文献現物管理の提案', 医学図書館, 56: 53-56.




グループアイコンの詳細説明 クローズボタン
グループアイコンA 購入グループA 右矢印 ソフトウェア(メディア付き)、書籍、学術ジャーナル
グループアイコンB 購入グループB 右矢印 EndNote ダウンロード版
グループアイコンC 購入グループC 右矢印 NVivo ダウンロード版
グループアイコンD 購入グループD 右矢印 その他ソフトウェア、学術系商品など
グループアイコンE 購入グループE 右矢印 ハードウェア
グループアイコンF 購入グループF 右矢印 その他商品