NVivo 質的データ分析支援(QDA)ソフト

Nvivo TOP

 

NVivoは質的研究、混合研究法(ミックスメソッド)に理想的なQDAソフトウェア

QDAソフト NVivoで質的研究を効率化


NVivoはQDAソフト(Qualitative Data Analysis)、または CAQDASソフト(Computer Assisted Qualitative Data Analysis Software)と呼ばれる質的研究支援ソフトです。 QDAソフトは質的研究の代表的手法であるグラウンデッド・セオリー・アプローチ(GTA)に基づいて開発されてきました。

QDAソフトは、テキスト、音声、動画などの多種多様な質的データを分析できる形で整理・管理し、コーディング、分析機能を通じて質的研究、混合研究法の研究をサポートします。

NVivoはデータを読み解くための様々な分析機能を提供し、根拠に基づいた洞察・仮説を得ることを支援します。また、研究だけでなく、製品開発やマーケティングなどのビジネス分野にも使われています。

NVivoを使うことで収集したデータの関連性・相違性を明らかにしたり、データを体系化してテーマやコンセプトを容易に見つけることができ、多くの時間を研究・考察に割くことができます。



NVivoの分析機能、視覚化機能


NVivoが可能にすること


  • 分析可能な形で質的データ管理・整理

    テキスト、音声、ビデオ、SNS等のあふれかえる質的データを、一元管理し、データのコーディングやデータに属性を付与することで分析可能な形で整理できます。

    電子化されたデータを読み込み、データの体系的な整理と効率的な検索を可能にし、質的データの脱文脈化、効率的なデータベース化を実現します。

  • データの可視化・俯瞰

    収集した質的データで「どんな言葉が使われているか」「何が論じられているか」等を単語クラウドやワードツリー、チャート(グラフ)といった形で可視化することができます。

    注目したい単語の前後関係を表示したり、比較したい2者間の共通項・違いを視覚化することも可能です。
    手作業では難しかったデータの俯瞰を可能にし、分析の着目点を効率よく見つけることができます。

    たとえば

     

     

  • 質的研究の軸となるコーディング、メモ

    様々な形式の取り込んだ質的データに、グラウンデッド・セオリー・アプローチの軸となるコーディング、メモをすることが可能です。

    紙を切って文書セグメント化したり、付箋を貼るような感覚そのままに、PC上で作業が可能です。

    また、コーディングした箇所の元データに戻るのも、クリックするだけで可能です。

  • 音声・動画のコーディングと文字起こし

    NVivoは音声・動画ファイルを文字起こしせずに、メディア(タイムライン上)に直接コードすることも可能です。

    また、メディアの文字起こしにも使用できます。「トランスクライブモード」では、メディアの再生と一時停止が可能で、聞き取りながらトランスクライブすることで、新しい行とタイムスタンプが NVivo によって自動的に追加されます。フットペダルおよびキーボードショートカットも使用できます。

    たとえば
  •  

  • テーマやコンセプト、感情を自動で抽出

    大量のテキストデータからテーマやコンセプト、感情を特定し、コード化(コーディング)を自動で行えます。

    インタビューのWordファイルから、発言者、設問といった特定の箇所を自動でコーディングすることも可能です。

    ※NVivo Plusのみの機能です。
    たとえば
  • 文献レビューの効率化

    EndNoteとの連携で、記憶に頼らず、信頼性のある文献レビューを効率的に行えます。

    自動コーディングで論文の要旨を拾い上げる方法や、論文をNVivoで読み進めながらマーカーを引く感覚でコーディングを行う方法で、簡単で正確な要約を作成できます。

    たとえば

     

     

     

     

     

     

  • 作業履歴の管理

    イベントログ機能を使うと、どのような作業をしたのか履歴を見返すことができます。

    自身の研究でどのようなプロセスを経て結論が導きだされたのかを後で確認する事が可能になり、研究のトレーサビリティが向上します。また、データに対してどのようにコーディングを行ったか等も、コーディングストライプの機能で可視化できます。

    研究グループでNVivoを利用すれば、1つの質的データに対して、各々がどのようなコーディングをしたか把握でき、共通性のあるコーディングを使えば、信頼性・妥当性を担保する分析が可能です。

  • 研究グループでの質的研究をサポート

    研究グループで利用することにより、客観性と信頼性の高い質的研究を可能にします。

    NVivoではマスタープロジェクトを作成し、各人が作業したコピーをマスタープロジェクトにマージすることで、グループで作業することが可能です。

    研究グループでNVivoを利用すれば、1つの質的データに対して、各々がどのようなコーディングをしたか把握でき、共通性のあるコーディングを使えば、信頼性・妥当性を担保する分析、分析の効率化が可能です。

    たとえば

     

  • エビデンスに基づいた質的研究の支援

    分析のエビデンスとして、どのような文脈で発言されたのか等を確認したい時に、データの種類を問わず、その根拠となる個所に簡単に戻って確認でき、第三者に提示することができます。

  • チームで研究をしているイメージ画像

 

 

NVivoはどういう方におすすめ?

  • 日頃から質的データを扱う研究者

    看護、公衆衛生、心理学、教育、経営学、言語学等のインタビュー、自由回答形式のアンケート等の定性調査で得た質的データ(定性データ)を、日頃から扱う研究者に。
    様々な形式のデータの体系的な整理と効率的な検索、分析を可能にします。

  • 先行研究の文献レビューを行う方

    EndNote等の文献管理ソフトに集めた先行研究の論文をもとに文献レビューを効率的・的確に行いたい方に。

    自動コーディング機能を使って、自動で論文の要旨を拾い上げることが出来ます。手動でも、読みながらマーカーを引く感覚で要約を作成することができます。

  • アンケート、インタビューの分析をする方

    研究以外の製品開発、マーケティングのアンケート、インタビューの分析にも活用できます。

    質的データであるアンケートの自由回答欄や、グループインタビューやデプスインタビューなどの各種インタビューを効率的に分析することが可能です。

    インタビューの “発言者” や “設問内容” といった決まった形式に基づいて、データを自動で分類するのに役立つ自動コーディングも可能です

  • 紙資料の煩雑な処理に時間を取られている方

    ノリとハサミを使っていたカードの複製作業などは不要です。メモの追加、コード化、カテゴリー化、オリジナルの文脈の確認等も簡単です。

    データの複製、検索も容易なので、紙ベースでの作業と比べて大幅に効率化が可能です。

    また、分析のエビデンスとしてデータの確認をしたい場合、その根拠となる個所に簡単に戻って確認できます。紙資料で必要だった、データを切り取る前の元の全体のデータを机に広げたりする必要もありません。

紙を使用したコーディングのイメージ

紙を使用したコーディングのイメージ

  • 質的データを視覚化し、洞察・仮説を得たい方

    データを単語クラウドやワードツリー、グラフといった形で可視化することができ、分析手法の一つとして使うことができます。注目したい単語の前後関係を表示したり、比較したい2者間の共通項・違いを視覚化することも可能です。

    手作業では難しかったデータの俯瞰を可能にし、分析の着目点を効率よく見つけることができます。

  • 混合研究法を導入している、検討している方

    NVivoは量的データファイルの取り込み機能も備えており、エクセル形式で保存された質問紙調査の質問項目や対象者のIDを、ノードに自動変換して読み込むことが可能です。

    概念ノードとケースノードとケースノード属性を効果的に使用し、ノードにデータの分類や量的データとの紐づけの役割を持たせて分析に活用することができます。

    NVivo 12では統計ソフトSPSSとの連携も強化され、SPSSのファイルをそのまま読み込めるようになりました。


QDAソフト NVivoとテキストマイニングソフトの違い

分析者独自の考察を促す、QDAソフト NVivo

QDAソフトであるNVivoはテキスト等を主体的に分析し、解釈を与え、気づきづらかった洞察・仮説を得られるように支援する質的研究支援ソフトウェアです。コード化やカテゴリー化は自身で行います。

そのため、得られる洞察や仮説はその分析者だからこそ導けるものになります。テキストマイニングソフトと同様に頻出語や共起関係の特定、視覚化の機能も発見を促します。

NVivoの視覚化機能ワードクラウド NVivoの視覚化機能ワードツリー

定性データを定量化し、客観的に有用な情報を引き出すテキストマイニング

テキストマイニングは使用されている言葉の頻度や前後の繋がりを解析し、定性データであるテキストを定量化することで、客観的な気付きを得やすくします。一方、分析者に関わらず、テキストマイニングから得られる分析結果は、さらに深堀をしないと、基本的に同じものになるはずです。

 

 

NVivoがサポートする質的研究、混合研究法とは

質的研究とは?

質的研究アイコン

質的研究は定性的研究とも呼ばれます。

インタビュー、観察結果、自由回答形式のアンケート等のテキスト、音声、ビデオ、画像、ソーシャルメディア等の数値化できないデータである質的データ・定性データをもとに問題を調査したり、現象の理解、疑問への答えを見つけていく研究・調査方法が質的研究・定性的研究です。

代表的な調査手法にデプスインタビュー、グループインタビュー、エスノグラフィーなどがあります。

量的研究と質的研究の特徴

量的(定量的)研究と質的(定性的)研究は大きく違います。量的研究は数値データを扱い、質的研究は数値化できないデータを扱います。量的研究は特定の事象を数量化し、統計的に分析する手法です。

対して質的研究は、現象をコード化、カテゴリー化し、背景にある人物などの意識や行動の奥底を探る手法です。

そのため、質的研究は、意識や行動の根底が表れやすいインタビュー・ビデオ等の質的データを使って、言葉や行動の意味を追求していきます。

混合研究法(ミックスメソッド)とは?

グラフのイラスト

「混合研究法(Mixed Methods Research -MMR-)」は量的・質的研究結果の収集、分析、統合を含む方法論です。ミックスメソッド、ミックスドメソッド、マルチメソッドとも呼ばれています。

個別に量的・質的データ収集と分析をおこなうのとは対照的に、そのふたつを統合することによって、分析対象の一つの側面だけではなく様々な視点から立体的に見ることが可能になります。

あふれかえる質的データとエビデンスの壁

行列コーディングクエリの視覚化

質的研究で扱う質的データは種類も量も多く、整理・管理はもちろん、集めたデータを俯瞰することすら難しい傾向があります。主体的に質的データを読み込む等し、分析・解釈を行い、洞察の獲得・仮説の発見をするものですが、確かなエビデンスをもとに妥当性のある洞察・仮説を導くことが容易でありません。

QDAソフトは様々なフォーマットの質的データを一元管理し、全体を俯瞰したり細部を覗くことを容易にします。

NVivoは混合研究法にも適したQDAソフトであり、コーディング機能を概念の構築手段としてのみ捉えるのではなく、量的データとの関連づけや自動コードにも使用することで、ミックスメソッド・アプローチやテキストデータの計量的な分析も可能です。



NVivo 12 エディション ラインナップ

NVivo 12 Pro NVivo 12 Plus NVivo 12 for Mac

基本機能を備えたベーシック版です。質的研究、混合研究法を強力に支援する、データ管理、分析機能が使えます。

Proの機能にソーシャルネットワーク解析機能、テーマやコンセプト、感情を特定する自動コーディング機能を備えた完全版です。

ソーシャルネットワーク解析やインタビューの分析を行う方に最適です。

NVivo 12 for Macは質的研究、混合研究法をおこなうMacユーザー用に最適化されたQDAソフトです。選りすぐられたベーシック機能を搭載しています。Mac用に最適化しているため、Proと比べると若干のファイル形式の制限や機能の制限があります。



※NVivo 12 for Macのインターフェースは英語のみです。

 

 


NVivoの購入・トライアル

NVivo 12 価格表

 

製品名 メディア 1〜2ライセンス 3ライセンス以上
教育機関・非営利団体用
NVivo 12 Plus for Windows パッケージ版 \138,240 \125,280
ダウンロード版 \135,000 \122,040
NVivo 12 Pro for Windows パッケージ版 \117,720 \106,920
ダウンロード版 \114,480 \103,680
NVivo 12 for Mac パッケージ版 \101,520 \91,800
ダウンロード版 \98,280 \88,560
政府機関・医療機関用
NVivo 12 Plus for Windows パッケージ版 \192,240 \172,800
ダウンロード版 \189,000 \169,560
NVivo 12 Pro for Windows パッケージ版 \164,160 \147,960
ダウンロード版 \160,920 \144,720
NVivo 12 for Mac パッケージ版 \141,480 \127,440
ダウンロード版 \138,240 \124,200
一般用
NVivo 12 Plus for Windows パッケージ版 \273,240 \246,240
ダウンロード版 \270,000 \243,000
NVivo 12 Pro for Windows パッケージ版 \233,280 \209,520
ダウンロード版 \230,040 \206,280
NVivo 12 for Mac パッケージ版 \199,800 \180,360
ダウンロード版 \196,560 \177,120
学生用
NVivo 12 Plus for Windows パッケージ版 \38,880
ダウンロード版 \35,640
NVivo 12 Pro for Windows パッケージ版 \27,000
ダウンロード版 \23,760
NVivo 12 for Mac パッケージ版 \23,760
ダウンロード版 \20,520
製品名 メディア 1〜2ライセンス 3ライセンス以上
教育機関・非営利団体用
NVivo 12 Plus for Windows アップグレード パッケージ版 \71,280 \63,720
ダウンロード版 \68,040 \60,480
NVivo 12 for Mac アップグレード パッケージ版 \52,920 \47,520
ダウンロード版 \49,680 \44,280
政府機関・医療機関用
NVivo 12 Plus for Windows アップグレード パッケージ版 \98,280 \88,560
ダウンロード版 \95,040 \85,320
NVivo 12 for Mac アップグレード パッケージ版 \72,360 \64,800
ダウンロード版 \69,120 \61,560
一般用
NVivo 12 Plus for Windows アップグレード パッケージ版 \138,240 \125,280
ダウンロード版 \135,000 \122,040
NVivo 12 for Mac アップグレード パッケージ版 \101,520 \91,800
ダウンロード版 \98,280 \88,560

※表示価格はすべて「1ライセンスあたり」の「税込み」価格です。

  • ※NVivo 12は過去のNVivoのどのバージョンからでもアップグレード可能です。
  • ※NVivo 12 for Windowsは、すべてPlusエディションへのアップグレードとなります。
  • ※NVivo 12 for Macへのアップグレードは、過去のNVivo for Macからのみご利用いただけます。
  • ※学生用は期間限定ライセンスです。ご利用可能期間はプログラムをアクティベート後、24ヶ月間となります。
  • ※学生用は複数ライセンスの同時購入割引はございません。

2ライセンス以上の同時購入は各商品ページの専用お申込み用紙をご利用ください。

同一製品を同時に3つ以上購入される場合は、数量割引価格が適用されます。数量割引価格は注文用紙からのみご利用いただけます。


購入資格

  1. 教育機関、臨床研修指定病院、非営利団体にご所属の方は教育機関・非営利団体向け価格の適用対象です。


  2. 教育機関・非営利団体用 ・教育機関(*注1)

    ・教育機関付属の病院・診療所、および臨床研修指定病院アイコン(*注2)

    非営利団体 (*注3)
  3. 政府機関、医療機関にご所属の方は政府機関・医療機関向け価格の適用対象です。


  4. 政府機関・医療機関用 政府機関 (*注4)

    ・医療機関(*注5)
  5. その他の企業などにご所属の方は一般価格となります。



どの価格区分に該当するかご不明の場合はお問い合わせください。


* 注1:ご注文の際、アカデミックと断定できる利用可能なEメールアドレス(例:xx@xx.ac、xx@edu.xx)をご提示ください。

* 注2:臨床研修指定病院の一覧はこちらアイコン

* 注3:非営利団体用はNPO法人が対象です。一覧はこちら

* 注4:政府機関は国家行政組織の行政機構図内の「行政機構」と「独立行政法人」に属する方が対象です。一覧はこちら

* 注5:臨床研修指定病院以外の病院・診療所


まず使ってみたい方には、NVivo無料トライアル


 

 

グループアイコンの詳細説明 クローズボタン
グループアイコンA 購入グループA 右矢印 ソフトウェア(メディア付き)、書籍、学術ジャーナル
グループアイコンB 購入グループB 右矢印 EndNote ダウンロード版
グループアイコンC 購入グループC 右矢印 NVivo ダウンロード版
グループアイコンD 購入グループD 右矢印 その他ソフトウェア、学術系商品など
グループアイコンE 購入グループE 右矢印 ハードウェア
グループアイコンF 購入グループF 右矢印 その他商品