コピペをすることのリスクについて

論文・レポートをコピペすることによって、どのような避けるべきリスクがあるのか、想定されるリスクをまとめてみました。



(1)教育や研究の成果を得られない

他人の文章を自己の情報としてコピペし、レポートを作成すると、どのような問題が生じるのでしょうか。
論文やレポートは、教育や研究の成果を得るために作成します。他人の文章を丸写しして論文・レポートを作成すると、教育や研究の成果を学生がまったく得られないことになります。



(2)誤った情報の学習や伝達

内容をよく吟味せずコピペでレポートを作成すると、誤った情報のレポートを提出したり、覚えてしまうことがあります。 インターネット上には、正しくない情報も数多く存在し、よく参考にされるWikipediaにも多くの間違いがあります。



(3)不当な評価

コピペで作成したレポートの内容が高度だった場合、そのレポートに対して不当に良い評価を与えてしまう可能性があります。 また、コピペをしないでまじめに作成されたレポートが、相対的に低く評価されることになります。



(4)拡大し続けるリスク

コピペのリスクは大学在学中にとどまりません。大学卒業後、研究者にならずに会社等に就職した場合、論文は書かなくなるかもしれませんが、業務上、レポートや企画書などの文書を作成する機会は数多くあります。

もし、コピペについて正しい知識を持たないで卒業し、就職した場合、その後も同じようにコピペを続けてしまい、結果として、著作権侵害を引き起こしてしまうかもしれません。 業務上で著作権侵害を起こしてしまった場合、印刷物の回収や損害賠償責任など、自己のみならず勤務先に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。



(5)著作権侵害

コピペの対象が著作物であれば、著作権侵害となり、刑事罰や民事責任を問われるおそれがあります。
著作権侵害の刑事罰は10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはその両方となります。また、民事責任としては、被害の解消(損害賠償請求)やコピペ部分の削除や廃棄(差止請求)などが求められます。



まとめ

つまり、コピペは違法行為であり、かつ犯罪行為になりうるものなのです。
正しい引用・執筆方法を「知らなかった」では済まされない大きなリスクです。
『コピペルナー』を使い、提出物を基に正しく教育することで、リスク・不正の目を摘むことができます。



出典:「大学生のための論文・レポート作成と著作権」(株)アンク(協力:一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)
   ※一部内容の編集を行い、掲載しています。






ご購入はこちら




コピペルナー V4 アカデミック
ユーザーライセンス



コピペルナー V4 ビジネス
ユーザーライセンス


 
 
 

グループアイコンの詳細説明 クローズボタン
グループアイコンA 購入グループA 右矢印 ソフトウェア(メディア付き)、書籍、学術ジャーナル
グループアイコンB 購入グループB 右矢印 EndNote ダウンロード版
グループアイコンC 購入グループC 右矢印 NVivo ダウンロード版
グループアイコンD 購入グループD 右矢印 その他ソフトウェア、学術系商品など
グループアイコンE 購入グループE 右矢印 ハードウェア
グループアイコンF 購入グループF 右矢印 その他商品