NVivoの可視化機能


頻出語を可視化するワードクラウド

「どんな言葉が使われているか」「何が論じられているか」を視覚的に確認することができます。別の角度や始点からデータを眺め、集めてきたデータで見落としていた点や、自身の見解と一致しているか等を確認できます。

自身の分析で重視していなかった単語などを見つけ、新たなコードを作成したり、そこからさらにテキスト検索クエリ等を使い深堀りしたりすることも可能です。

頻出語クエリを使用した文献例
「岡本紗知. (2020). 学生は理系・文系をどのように定義するか-理論的立場に基づく考察-」

ソースやコードの類似性や相違性を可視化するクラスター分析

円グラフ、2D・3Dクラスタマップ、樹形図の形で可視化することが可能です(NVivo Windowsのみ)。

円グラフ クラスタマップ 樹形図

注目したい単語の前後関係を表示するワードツリー

テキスト検索の結果を樹木の枝のように表現するので、検索した言葉やフレーズがどのような文脈で使われているかを見ることができます。

文脈の中でのキーワード(KWIC - keyword in context)を探索できるだけでなく、その言葉の周囲で繰り返し現れるテーマやフレーズを見つけることもできます。また、気になった言葉の前後の文脈も、参照元を表示させることで簡単に確認することができます。

ワードツリーを使用した文献例
「Argentino, LG. (2017). BARRIERS AND DIFFICULTIES THAT MAY BE FOUND IN THE PROCESS OF IMPLEMENTING CORPORATE GOVERNANCE IN COMPANIES: A STUDY OF THE MANAGEMENT PROCESS AND THE DISCLOSURE OF INFORMATION」

コーディングを俯瞰するコーディングストライプ

データに対してどのようにコーディングを行ったか等も、コーディングストライプ機能で俯瞰できます。研究グループでNVivoを利用すれば、1つの質的データに対して、各々がどのようなコーディングをしたか把握でき、共通性のあるコーディングを使えば、信頼性・妥当性を担保する分析が可能です。

チャート作成機能

コーディング状況を可視化するチャートや、データ内のパターンと主要テーマの可視化する階層型チャートを作成可能です。

チャート

コーディング状況を可視化します。どのコードが多いか把握したり、比較するのに便利です。例えば「A」というコードについて、一番語っている人は誰か、少ない人は誰かなど、視覚的に確認することができます。その他、属性別でコード数を視覚化することも可能です。「B」というコードに対して男女で差はあるのか、年齢で差はあるのかなど、視覚的に確認することができます。

NVivo 棒グラフの可視化
階層型チャート

ツリーマップやサンバーストチャートによるデータ内のパターンと主要テーマの可視化します。各テーマのボリュームを視覚的に確認できるので、数クリックで主要なテーマを理解することができます。

チャート作成機能を使用した文献例
「L. Rocio Santo-Tomas Muro. (2020). Green Infrastructures in the Peri-Urban Landscape: Exploring Local Perception of Well-Being through 'Go-Alongs' and 'Semi-Structured Interviews'」

思考の整理を助けるマッピングツール

マッピングツールで思考の整理が可能です。プロジェクト内のアイテムを使用して配置することができます。KJ法のように似た概念のコードを視覚的にまとめて、思考を整理することもできます。

プロジェクトマップ

プロジェクトアイテム間の関係を視覚的に解析します。自身でアイテムを配置し、俯瞰した図を作成することが可能です(NVivo Windowsのみ)。
例えば、一通りコーディングを終えた後、コーディングを表示させて似た概念をKJ法のようにまとめてみるときにも便利です。

コンセプトマップ

研究プロジェクトに関連するコンセプトやアイデアなどを表現するフリーフォームダイアグラム作成ツール。アイデアや発見、理論を表現し、他者と共有可能です。

コンセプトマップを使用した文献例
「L. Caballero Galeote. (2020). Qualitative Impact Analysis of International Tourists and Residents’ Perceptions of Malaga-Costa Del Sol Airport」

マインドマップ

ブレインストーミングに非常に適しており、それぞれのテーマがどのようにつながっているかを視覚化し、データの全体を眺めることができます。 また、作成したマップの名前と階層でコードを作成することが可能です。初めにコードを作成して演繹的にコーディングする場合にも便利です。

繋がりを可視化するダイアグラム・ソシオグラム

探索ダイアグラム

プロジェクト内の要素と、それに関係があるコンテンツとの関係をダイナミックダイアグラムで可視化します。選択したアイテムに繋がっているすべてのプロジェクトアイテムを表示し、繋がりを辿って関連アイテムを表示します。アイテムは移動が可能です。

例えば、一通りコーディングを終えた後、コーディングを表示させて似た概念をKJ法のようにまとめてみるときにも便利です。

表示されたアイテムは移動可能なので、思考の整理で似た概念のコードをまとめるときにも便利です。

比較ダイアグラム

プロジェクト内の二つのアイテムを自動的に視覚化することで、共通点や相違点を確認できます。二者間で共通するコード、異なるコードを探して、さらに深掘りするときなどに便利です。

中央に共通するアイテム、左右に相違のあるアイテムが表示される

比較ダイアグラムを使用した文献例
「細川美香. (2020). コーディングによる質的解析を用いた予習方法に関する研究-専門英語科目「薬学英語入門」における意識調査-」

中心的ソシオグラム

ある特定の中心的ケースが他のケースとどのように繋がっているか、また、その「他のケース」同士はどのように繋がっているかを可視化します(NVivo Windowsのみ)。

中心的ソシオグラム
ネットワークソシオグラム

選択したケースのグループ間の繋がりを可視化します(NVivo Windowsのみ)。

ネットワークソシオグラム
ソーシャルメディアソシオグラム

Twitterのデータセットを可視化し、Twitterユーザーのネットワークや、リツイートやメンションによりどのように繋がっているかを確認できます(NVivo Windowsのみ)。

ソーシャルメディアの投稿をマップ化するジオビジュアライゼーション

ソーシャルメディアの投稿者の所在地を、プロフィール情報を用いてマップ化します。特定の話題の地域性などを可視化することが可能です(NVivo Windowsのみ)。



グループアイコンの詳細説明 クローズボタン
グループアイコンA 購入グループA 右矢印 ソフトウェア(メディア付き)、書籍、学術ジャーナル
グループアイコンB 購入グループB 右矢印 EndNote ダウンロード版
グループアイコンC 購入グループC 右矢印 NVivo ダウンロード版
グループアイコンD 購入グループD 右矢印 その他ソフトウェア、学術系商品など
グループアイコンE 購入グループE 右矢印 ハードウェア
グループアイコンF 購入グループF 右矢印 その他商品