こんな間違いしていませんか? Vol.3 『英文校正会社が教える 英語論文のミス 分野別強化編』 内容紹介




ベストセラーの前作『英語論文のミス100』より、専門性を高めた第2弾がリリース!
『英文校正会社が教える 英語論文のミス 分野別強化編』の内容を公開中!



専門分野に即した解説、学会ポスターや研究プロポーザルの書き方等についてのアドバイスが満載。各チャプターの内容の一部を、ユサコオンラインショップで特別公開。


   


   





Chapter 2 人文科学・社会科学分野のミス 2.専門用語のミス


【ミス22:専門用語の使い方が不正確】より抜粋

校正者のアドバイス
- まぎらわしい専門用語に注意すべし


●alternativeとoption

alternative(代替)とは、それ以外に取って代わるものという意味です。たとえば、6つの選択肢があり、そのうちの1つが好ましい選択肢だとしたら、ほかの5つは(好ましい1つの選択肢の)alternatives(代わりになり得るもの)です。この場合、options(選択肢)は全部で6つです。


【誤】

- Participants in the experiment were asked to choose from among six alternatives[←alternative は「選択肢」ではない].


【正】

- Participants in the experiment were asked to choose from among six options.
(実験参加者は、6つの選択肢から選ぶよう指示された。)



●date of birthとbirthday

date of birth(生年月日)とは、ある人が生まれたまさにその日のことです。一方、birthday(誕生記念日)は、生まれた日を記念する日を指します。1970年4月9日に生まれたとしたら、date of birthは1970年4月9日ですが、birthdayは4月9日です(date of birthは一度きりですが、birthdayは毎年訪れますね)。


【誤】

- An examination of the relationship between birthday[←birthday は誕生記念日のこと] and academic success indicated that children born in summer during the 1990s were more likely to be classified as above-average.


【正】

- An examination of the relationship between date of birth and academic success indicated that children born in summer during the 1990s were more likely to be classified as above-average.
(生年月日と学問的成功の関連を調べた調査によると、1990年代の夏に生まれた子供は発達が平均を上回る傾向があるとされた。)


コメント:上の例では、誕生の月日だけが問題というわけではないので、date of birthを使うのが適切です。





ご購入はこちら




英文校正会社が教える 英語論文のミス 分野別強化編


英文校正会社が教える 英語論文のミス100
専門分野に即した解説、学会ポスター等のアドバイスが満載。 世界で通用する論文にブラッシュアップ!